So-net無料ブログ作成

夏休みも終わり・・・ [家族]

夏休みも終わり、ここ沖縄では新型インフルエンザが猛威をふるっている中、昨日からももちんの小学校も1学期後半(2学期制です)がスタート。
このインフルエンザに対しては以前にも増して「手洗い・うがい」を強化するしか打つ手がなく、日々恐々と過ごす毎日です。
ここに来て、私もとうとう師匠ももちんから教わり「鼻うがい」なるものに挑戦してます・・・。
「挑戦」はしているものの、まだ完全なる「成功」はみておらず・・・。これ、慣れるまでキツイかも・・・涙。

この1,2ヶ月、仕事が猛烈に忙しいのに加え夏休みのちょっとした生活リズムの変化から来る疲れが見え始めている私ですが、そんな事言っちゃいられない!
とにかく、まだまだ続く夏の暑さとインフルエンザに打ち勝つために、ここはシャキっと背筋を伸ばしていかなくっちゃ!

幸いなことに、ももちん・ゆうゆ・きーちゃん、皆元気でいます。
ありがたい。
どこに感謝していいのやら、迷ってしまうところですが、ホント、ありがたい。

毎日いろんなことで笑い、涙し、怒り、・・・。
ひっちゃかめっちゃかで目まぐるしい日々ですが、親子ともに前進していることを信じてます。

 


nice!(8)  コメント(12) 

パズルの天才? [三女]

きーちゃんは、何故かパズルが大好き。
保育園でもみんなが散らかしたいくつかのパズルを「お片づけの手伝い」と称して、集中して一枚一枚完成させるようで・・・
保育園の先生が言うには何年かに一度、こんな感じでパズル好きな子が出るらしい。
家では何の気にも留めていなかった。^^;
そう言われてみれば家では探し出してでもパズルしているし、誰かが手出しをしようものなら、ものすごい剣幕で蹴散らかしてるしな~。
誰かに手伝ってもらって完成させるのは本意じゃないらしい。笑
保育園の先生はきーちゃんの集中力を褒めてくだささり、「パズルの天才さ~ん!」って呼んでくれたりしている。
集中力・・・上2人からは想像もしていなかったシロモノ。笑
自分のやりたい事をやっている時は何があっても気がそれない。ある意味羨ましいことで・・・

ももちんはどちらかと言えば「持続力」
ゆうゆは「瞬発力」

3人姉妹なのに、1人1人が全然違った面を見せるから、毎回新鮮!

保育園の先生が「きーちゃん、大きくなったら何になるんだろうね~。楽しみだね~。」と言ってくださった。
ホント、何になるんだろうね~。ただのパズル好きなおばちゃん?!笑

いいな~、こうやって、「何になろうかな~♪」とか「何になるんだろうね~」と想像するのって、自分の事じゃなくてもワクワクしてきちゃう。
基本的に「なんでもいいよ!」と思っている夫と私。それはこの子達が自分で決めることだもんね。
ただ、好きなことをいっぱい、いっぱい見つけて欲しいな~♪

夫は「パズルの天才さんに」と、いそいそとジグソーパズル300ピースを買って来た。(--;
あのぉ~、きーちゃんって3歳になったばかりだし、やっているパズルってせいぜい30,40ピースなんですけどぉ~。
いくら集中力があるとはいえ、まだ3歳。
途中であきちゃったらしく(そりゃ、あきるよ。)、トホホとばかりに夫が責任持って仕上げていた。笑

   寝る前でもハマっちゃうと・・・「早く寝てくれ~~!!」の声も届かず。
   k-p1.jpg
   k-p2.jpg
   ももちんの頃からのパズルは何枚か遭難中。
     よって、これにて完成。

   k-p3.jpg


nice!(6)  コメント(10) 

学童で過ごす夏休み [長女]

私が子供の頃、小学校1年生まで母は栄養士の仕事をする共働き家庭だった。
その後母は仕事を辞めて専業主婦になったので、小学校2年生からは母親がいつも家にいる状態が私の日常となり、夏休みともなると昔から朝が弱い私はラジオ体操なんて参加する気はこれっぽっちもなく、グーグーと朝寝坊を満喫する日々だった。
よくもまぁ・・・あれだけグータラな日々を送れたもんだ。我ながらあきれる。

それに比べると、我が家の長女ももちん(3年生)はエライよ。笑
夏休みが始まっても、いつも通り6時に起きてくる。と言うか、「いつも通り起こされて」くる。
仕方ない。だって、両親とも夏休み関係なく仕事だもん。
で、毎朝、嬉々として学童へ向う。これが第一のエライ点。
あっ、今年からはお友達に誘われて6時半のラジオ体操にも出かけている。私が小学校の頃と正反対。これが第二のエライ点。
   今週から、ゆうゆもラジオ体操参加!!やる気満々にびっくり(@@)笑
   radio1.jpg
  気をつけてね~!!行き帰りは必ずお姉ちゃんと手をつなぐのがお約束。
  radio2.jpg

私だったら、「学童」だろうが何だろうが、「夏休みなのに、朝いつも通りの時間に起きて出かける」と言う時点で文句ブーブー言っていそうなものを、
ももちんは「嬉しいな~♪夏休み♪♪」と本当に嬉しそう。エライ。えらすぎる。とても私のDNAを受け継いでいるとは思えない。笑
たんに仲の良い友達と1日中過ごせるのが嬉しいのか?学校で授業を受けなくていいのが嬉しいのか??でも、ちゃんと午前中はお勉強の時間がタンマリあるはずなのに・・・
ももちんの嬉々としている姿が私には毎年フシギに映っている。笑
でも、こうして夏休みでも元気に楽しく学童に通ってくれているというのは、本当にありがたいことで、働く母は力強く握手して「ありがとう!!!!君のお陰だよ。お母さんが何も心配なくお仕事できるのは!!!」と言いたい気分でもある。

3年生は学童のリーダーさんと言うこともあってか、更に力が入って張り切っている。
リーダーさんは出席確認をしたり、イベント毎に前に立って司会をしたり、低学年の子のお世話をしたり、と大変なんだそうだ。
でも、それがとっても楽しそう。笑

ありがたいことに、学童では毎年夏休みに沢山のイベントを企画してくれる。
レジャープール・かまぼこ工場見学・ケーキ工場見学・消防署見学・牧場で乳搾り体験・歴史的場所を巡るツアー等々。
平日フルタイムでお仕事していると、なかなかそこまでは夏休みの間に遊びに連れて行けないのが現実。
先生方にも頭の下がる思いだ。ありがたい!!
そんな楽しいイベントもあるからかな~?嬉々として毎朝出かけるのは。

ただ・・・私にとって夏休みの恐怖は週2回のお弁当。
まぁ、週2だからまだ良いけどね。1年生の時は確か週3だったような・・・。毎日って言うところもあるらしいし・・・。
普段の日でも5時起きの私。このお弁当を作るために4時代に起きなきゃいけなかったりする。涙
これはきっと、その昔夏休みに散々グータラ生活をしていたツケが回ってきたのかも・・・。
でも、毎回ももちんの喜ぶ顔を見ると、粛々とお弁当作りにいそしまなくっちゃね・・・。と原点に戻る。
たまに、「きーちゃんが卒業するまであと何年これやらなきゃいけないんだ?」って思わず数え始めるんだけど、おそろしく遠い未来に思えてしまって途中で数えるのを止めたりする。笑

   


nice!(7)  コメント(13)