So-net無料ブログ作成

芸術の秋! [長女]

ももちん、今年はまさに「芸術の秋」を迎えている♪
なんと、ももちんの描いた絵3作品それぞれが賞を取った!!

まず1つめは、「MOA美術館沖縄県児童作品展」の絵画部門で県教育長賞を受賞。
応募総数約1万点の中からトップ5の中の賞。
トップ3点は全国展への出展があるらしく、おしくも次点の賞だと言うことでそれは逃しちゃったけどね~。
でもすごいよね!!!!母嬉し涙。
その報告、実は秋休み中に学校へ知らせがあったらしく、朝8時に担任の先生から嬉しいメールを頂いて知った。
ももちんの担任は今年正採用されたばかりで、初めてのクラスを受け持っている。よっぽど嬉しかったんだろうね~、
「本当です!これが証拠写真です!!」って通知の写メまで添付して下さって!笑
私もその知らせを聞いた日は朝一から仕事のトラブル続きで、メールを頂いた時間にはすでに白髪が増えそうな勢いでストレスが溜まっていた。
そこへこんな嬉しいお知らせ。
ホント、先生のメール読みながら涙が出そうだったよ。
   

momo-pic1.jpg


  

ももちんは幼稚園の時、すごく大きな賞を絵画で頂いたことがある。
親の立場で、生まれて初めて我が子が受ける賞に、今までにない嬉しさで感動したことを昨日のように思い出しちゃった。
自分自身が何かで表彰されても、ここまで嬉しくなかったのに。
我が子の喜びごとって、子供が思っている以上に親にとっては大きなものだったんだね。

もちろん「表彰」だけが「喜びごと」ではないけれど、でもこうして子供の頑張りが形として見えるのは本当に本当に嬉しいことだね。

今回も緊張しつつも堂々と表彰式に臨んだももちんの姿を見て、「ありがとう!!!」って涙が出ちゃったよ。
親ばかだぁ~。笑
  

IMG_4298.JPG

2つめは、MOAの受賞知らせを聞いた2,3日後に、今度は地方紙の児童作品展でまたまた絵画部門で優良賞を取った知らせが!
きゃ~~~、今年はももちん大爆発なのかも!!

3つめは、お絵描き教室で応募したと言う「アートコンポ香川ビエンナーレイメージスケッチ展」での入選!!
お絵描き教室の先生から「またまたまた!」と言うタイトルで入選通知メールを頂いた。

私、1つめのMOA以外はどんな絵なのかさえ知らない状態 ^^;
早く見たいな~~♪♪

 賞を取ることがもちろん目的ではないけれど、それがあってもなくても、マイペースでお絵描きを楽しむももちん。そうやって、表現手段を得ていくのっていいよね。


nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:育児

仲が良いのか悪いのか [次女・三女]

二女・ゆうゆと三女きーちゃんは5歳と3歳で二つ違い。
背の高さは全然違うけど、中身は・・・2歳くらいの差ってこの年齢ではビミョーなのかしら?

まぁ、それぞれの個性によるところが大きいのかもしれないけれど、ゆうゆはいっつもきーちゃんに泣かされている。
きーちゃん、強いんだ。これがっ。三女ってどこもそう??笑
やたら謝るゆうゆと対象的にたとえ自分が100%悪くても、間違っていても、謝らないきーちゃん。

ゆうゆはゆうゆで、これまた二女特有(?)のミョーなワールドをかもし出している。
日々のあらゆる物事は独自の世界感で彼女の中では処理されているらしく、ゆうゆとお話していると私の頭がぶっ飛びそうになること度々。
『天然キラキラ星人』
二女ってどこもそう??笑

きーちゃんは「人の物は自分の物。自分の物は自分の物。」的な、ようするにケチケチ・ワガママタイプ。
「大草原の小さな家」の『いじわるネリーちゃん』だもんね~。
だから、自分の物は天地がひっくり返ったって人に貸さない。ことさら、ゆうゆには。笑
この前、ゆうゆがヤマハ音楽教室にクレヨンを持参しないといけない事があって、その前夜こっそりきーちゃんのコンパクトタイプなクレヨンをゆうゆのカバンに忍ばせておいた。
もちろんきーちゃんには内緒で。
ゆうゆには「ぜっ~~~~~たいにきーちゃんに言っちゃダメよ。ケチだから貸してくれないよ。」って釘をさしておいたのにもかかわらず、翌朝、きーちゃんの顔を見るなり、私に向って
「お母さん、あのことはきーちゃんには内緒でしょ?言っちゃダメだよね??ねっ?あぁぁぁ、でも言っちゃいそうぅ~~~!どうしよう~!どうしよう~~!!」と本人の目の前で・・・。
しかもみ~~~んなに聞こえるくらいの大きな声でコソコソと・・・笑。
オイ!オイ!!

その後はきーちゃんとゆうゆの間で「いじわるボー!!」だの「わがままボー!!!」だのの言い合いになっていた。

この「〇〇ボー」はゆうゆの造語で、「甘えん坊」とか「おこりん坊」等の言葉から派生したと思われるんだけど、
最初に「いじわるボー!」を聞いた時の母の頭は「ん?『まる暴』みたいな暴〇団関係の言葉??」と混乱。
なんのことはない、ゆうゆの造語だった。
文法にもゆうゆ独自のものがあって、「〇〇ばっかり!!」と言うところを、
彼女の場合「ばっかり!!〇〇」となってしまう。
教えてもすぐに戻っちゃうしなー。
まぁ、『天然キラキラ星人』なんで・・・ゆうゆは。

いつもはきーちゃんとケンカになる度についつい負けて泣いちゃうゆうゆ。
それなのに、きーちゃんがお父さんに叱られて「きーはピエロさんのお家の子になってもらおう!」(注:こんなに強いきーちゃんだけど、何故かピエロが怖いらしい。笑)と言うと、真っ先にゆうゆが
「お願い!!きーちゃん、いますぐお父さんに謝って!!!じゃないとピエロさんちの子になっちゃうぅぅぅ~~~~」と泣き出す始末。
当のきーちゃんはシカとして泣いてもいないのに。
「なんで、そこでゆうゆが泣くの??」って聞くと、「だってぇぇぇ~~~、きーちゃんの事、好きなんだもぉぉぉん!!!ピエロさんちの子になったらかわいそうだもーーーん!!」とまたまた大泣き。
「いや~、心配しなくても、ピエロさんちから返品願いがすぐに出ると思うけど。」と母、大笑い。

ホント、仲が良いんだか悪いんだか。

この前、2人を連れて歯医者さんに定期健診に行った時も通路を挟んで頭合わせ(?)に診察を受けていた時、きーちゃんは口の中が見えるように手鏡を持たされていたんだけど、それをどうにかするとゆうゆが見えることを発見!
診察中にも関わらず、「ゆうゆねえちゃ~~~ん!!!バイバイ~!!ほら、きーはここよぉ~!手ふってよぉ~~!!がんばってね~~!!」と応援しまくり。笑

2歳違いって、ものすごくケンカもするけど、ものすごく固い絆で結ばれているような気もする。

これから先、この『天然キラキラ星人』『ネリーちゃん』どんなケンカシーンと仲良しシーンを展開してくれるのか、楽しみでもある。
   yu-kyo.jpg


nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

10月の風物詩 - ハロウィン [3姉妹]

早いもので、もう10月
昔はお目にかからなかったハロウィンも最近ではすっかり10月のイベントとして定着しつつある。

高校時代にアメリカ留学した時、ハロウィンで魔女に扮し友達とTrick or Treatをしに行って、袋一杯にキャンディーやチョコをもらった楽しい経験。
母となった今は、子供達にも経験させてあげたい!
とは思うものの・・・、ほいほいとよそ宅へ子供を向わせるわけにもいかず、ここ2年程は同じマンションに住むももちんのお友達と「お菓子を持って」マンション内のお宅を周らせている。笑
逆Trick or Treat。笑
数年前まではハロウィン当日に米軍基地内への出入りが許可されて、アメリカ人住宅を周り本物のTrick or Treatを楽しめたんだけど、仮装もせずにお菓子目的だけに集まるマナーの悪い人達がいたりして、それもできなくなっちゃった。

でもやっぱり楽しみたいよね~♪♪


って事で、毎年我が家の玄関周りはこの時期になるとハロウィン色にデコレーションされる。

今年は3人が率先してデコレーションしてくれた。
次から次へと出て来るハロウィングッズに狂喜乱舞の3人。
気分はすっかりTrick or Treat♪♪
頭にハロウィン用のハットや悪魔のカチューシャをつけながらのデコレーション。
   halloween09-2.jpg
   halloween09-1.jpg
   halloween09-3.jpg
  halloween09-4.jpg
  halloween09-5.jpg
玄関だけでは物足りず、ゆうゆは各部屋のドアにまで余ったデコレーショングッズをつけてくれた。
これ、ドアを開ける度に落ちて物音を立てるので、夜中トイレに立った時なんかはギョっとする。ハロウィンの意義(?)からすると、大成功かも。笑
   ドアを開ける度に落ちるお飾り。笑
   halloween09-6.jpg

今年のハロウィンは土曜日に当たっているので、「もしかしたら、どこかのハロウィンイベントに連れて行けるかも♪」と思っていたら・・・
なんと、翌日はももちんの小学校の運動会。
うっっっ。運動会の前日は毎年お弁当の準備で大忙しなのにぃ。
仕方ない。今年もマンションで逆Trick or Treatか・・・。
まぁ、本人達は仮装して周る事に喜びを感じているようなので、それもアリかもね~。

まだまだ暑いここ、沖縄だけどこのオレンジカラーのデコレーションを終えると秋を感じる。
  秋を感じさせない「ターザン」のようなヘンないでたちの約一名・・・。
   まだまだノースリーブでもOKな沖縄です。

  halloween09-7.jpg


nice!(11)  コメント(8) 
共通テーマ:育児

ガンガラーの谷 [家族]

去った週末に夫の高校時代からの友人達家族とバスツアーへ。
沖縄だから、どんなに遠出したって島内。笑
そんな狭い沖縄でもやっぱりなかなか足を延ばさない場所もある。
でも大人数だと行けちゃうからフシギだな~。

今回は最近オープンしたばかりの自然体験できる場所、「ガンガラーの谷」へ行って来た。
そこは太古の昔、大きな鍾乳洞だったのが崩落してできた谷。
手付かずの大自然が残っている。
   スタート地点の洞窟内にはCaveCafeと称したCafeがある。外は暑くても、ここは天国~♪
   t1.jpg
   t2.jpg
なんでも30数年前に一度公園としてオープンしたらしいんだけど、周辺の環境整備の問題や鍾乳石を折って盗み取るいただけない事などがあって、すぐに閉鎖しちゃったらしい。
この谷の近くから、日本人のルーツとされている約1万7000年~8000年前の「港川人」と呼ばれる人類の骨も発見されている。
で、その「港川人」はこの谷に住んでいたのでは・・・と言う仮説の元、考古学調査が行われている場所でもある。

ガイドさんの「この風景を港川人も見ていたのかもしれません。」と言う言葉に、きーちゃんの手を引きながらうっそうとした森へ足を踏み入れた私は思わず立ち止まってタイムスリップ。。。
   ガイドさんの説明に興味津々の子供達
   t3.jpg
   「台湾竹」の竹林。巨大!!
   t4.jpg

沖縄でおなじみのガジュマルの木だって、「こんなの見たことない!!」ってなくらい変化を遂げた形やサイズ。見たこともない木々や虫たち。フツウに存在する鍾乳石や洞窟。
   巨大なガジュマル
   t5.jpg
   幾数百年もの年月をかけて、ゆっくりとこの姿になったんだね・・・
   t6.jpg
公道からほんの少し踏み入った場所なのに、時空間が少し違っている感じさえした。
約90分の間、Up・Downのきつい場所を歩き詰め。
さすがに疲れちゃったけれど、森林浴後の風は気持ちよかった~!

子供達もなんだかんだ言いながらも最後まで歩いてくれた。
途中、「ねむ~~い!」を連発していたゆうゆはお父さんに抱っこされ10M程たぬき寝入りをしてたけどね~。笑

ガイドさんによると、11月頃から実際そこで発掘作業が再開されるらしい。
その頃行くと、手にブラシを持って発掘作業している現場を見学することができるはず。
ちょっと好奇心!な私。
こんな新発見的なツアー、たまにはいいかも~♪♪
   発掘された古代人の墓跡
   t7.jpg
   古代人が住んでいたと思われる洞窟内。すぐ傍に炊事場と見られる場所がある。
   t8.jpg

 


nice!(12)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感