So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆうゆの骨折・・・もうすぐ回復! [次女]

去年12月の頭に左上腕部を骨折後、ギブスピン固定手術と予想だにしなかった展開(?)を見せていたゆうゆのその後。
今週火曜日の検査結果で「新しい骨もだいぶ出来ているのでピンを取りましょう」と言うことになった。
でも・・・ピンを取るって??どうやって??
去年末の手術後のお医者さんの説明ではピンを取る時は外来でOKで「ピッ」と取るとのこと・・・
「ピッと」、と言われても・・・
ゆうゆの腕から出ている2本のピンは「針金」なんてかわいいものではなく、もうそれは「釘」に近い太さ。
ほら。↓中で2本がクロスしている。
もし傷口などを見るのが苦手な方はどうぞ薄目で下の写真を通りすぎてください。
















Yu-pin1.jpg













 

私、最初にこのゆうゆの腕を見た時気絶しそうだったよ。
でも、この腕を見る度に「あぁ、ゆうゆ、手術頑張ったね。」って頭をなでなでしちゃう。

で・・・この太さで骨まで突き刺さっている(はず)のピンを「ピッ」と抜くなって、想像できない!!!
丸太や板じゃないんだから。

ゆうゆに私の動揺を悟られないよう、さりげな~くまたまたお医者さんに聞いてみた。
「あの~、部分麻酔とかして取るんですよね??ピン、太そうですし。
すると、お医者さん、笑いながら
「いいえ、いいえ、何もしません。麻酔の注射の方が痛いですよ。そのままピッと抜きますので~」
って・・・またここでも「ピッと」って・・・

そして処置室へ移された私達親子。
もうここまで来たら腹をくくるしかない!!(って、私が処置を受けるわけじゃないんだけど・・・)
ゆうゆには「ぜんぜ~~~~~ん痛くないんだって!!!!ピッと取っちゃうだけだから!!!へーき!へーき!!お母さん側にいるし!!」
もうほとんど支離滅裂な母。

お医者さんの手にしているものを見て私、またまた気絶しそう・・・
そう、大工仕事につかう「ペンチ」!!!!!(の医療版?)
それでもってまるで板に刺さった釘を抜くかのように、ゆうゆの腕に刺さっているピンを事も無げに抜いてしまった。

唖然・・・。。。。


ホントに「ピッ」だったよ・・・。

ゆうゆもペンチを見た時はさすがに半泣きになっていたけど、でも抜く瞬間は泣くこともなくすんなり。
聞いたところ「本当に痛くなかったよ~~!」とのこと。
ホントだったんだ。
まぁ、知らずに済むなら知らなくても良い事柄だけどね・・・。

かくして、ピン固定も終了し、後は3週間ほど骨がしっかりするまで添え木のみを付けて置けば良いとのこと。
まだ100%自由の身ではないものの、着実に完全回復に向っている!

心配してくださった皆さま、本当にありがとうございました!!
ゆうゆ、ものすご~~~く元気です♪♪


nice!(14)  コメント(19) 

3人の誕生日 [3姉妹]

おもしろい事に、我が家の3姉妹の誕生日は3人ともみ~んな私の友人と同じ日
これって、すごい確立だと思うんだけど・・・偶然にしてはおもしろすぎる!!

しかも、なんと、その友人3人はネイティブ張りに英語が堪能で3人とも国際結婚をしちゃっている。
なんか「ビンゴ!!!」と叫びたくなる気分になるのは、私だけだろうか?笑

もうここまで偶然がそろっちゃったら、母は期待しないわけにはいかない。

「国際結婚でビンゴ!(?)」になったのは、つい先日のこと。
と言うのも、ももちんと同じ誕生日(11月2日)の元同僚Aちゃんがこれまで独身だったから。
いつも元気いっぱいで、鞠のように飛び跳ねているAちゃん。
世界一周クルーズ船のスタッフをしたり、NGOで海外ボランティアをしたり、パワフルな好奇心と行動力の持ち主。
また敬虔なクリスチャンでもあり、いつも何かある度に
「Rinkoさん、私、Rinkoさんのために祈ってます!!」
と力強い応援を送ってくれる。
彼女の祈りは結構「強力」で、「どうかアメリカ人以外の外国の人と巡りあわせて下さい。」と祈り続け、なんと!この小さな沖縄で
「南アフリカ」出身の男性と運命的な出会いを果たし、この度めでたくゴールインした❤❤
なぜ「アメリカ人以外の外国人」と彼女が祈ったのか、当時理由を聞いたのにすっかり忘れちゃったんだけど、
この彼女の祈りの強さに今ではただただ敬服するばかり。
このパワフルAちゃんの結婚式に先日およばれし、教会の式の牧師さまのお言葉にウルウルし、初心をちょっとだけ思い出した私。笑
やっぱり、結婚式っていいな~
Aちゃん、Jさん、お幸せにね。
   aikochan-wed1.jpg


ゆうゆと同じ誕生日(7月3日)は私の友人に2人いる!
そのうちの1人が中学校からの親友Sで国際結婚後、ハワイから東京へ移り住んでいる。
彼女も独立心旺盛で、小説がかけそうなくらい波乱万丈でおもしろい人生を歩んでいる。
どんなに歳月が過ぎても分かりあえる友人の一人。

きーちゃんと同じ誕生日(5月21日)の友人Kは高校が一緒で、今は同じ職場で働いていることもあり毎週決まってランチを共にしている仲間♪
仕事がバリバリ出来て、すごく個性的でおもしろい彼女。
この彼女も元気あふれる、優しさあふれる人だ。

3人に共通して言えるのは「自分をしっかり持っていて、前向きにアクティブに自らの人生を切り開いている」と言うこと。

すっごく嬉しいね。母としては。
同じ誕生日と言うだけの事だけど、この友人達のように我が家の3人にも「自分の人生を楽しむ生き方」をしてもらいたいと心から願っている。

でも、この3人の友人達が私の3人の娘だったら・・・なんだかすごい家族になりそうで、それはそれで収拾がつかないかも・・・笑

まぁ、結婚云々はそれぞれの生き方に従属するものだから、母は心密かに口には出さず願っておこう・・・笑
ふふふ。


nice!(12)  コメント(12) 

明けましておめでとうございます [家族]

時すでに七草がゆの日になってしまいましたが・・・

明けましておめでとうございます!!

お正月3日まで実家の石垣島で過ごし、あれよあれよと言う間に仕事始め・・・
なかなかお休み生活のペースから戻れないまま疲れきっているところ、週末を目の前にし少し安堵しています。

子供達も皆それぞれ5日から小学校・保育園がスタートし、元気に毎日を過ごせることにつくづく感謝です。

去年の暮れは「これでもか~~!!」と言うくらい病院通いの日々となってしまい、気持ちも滅入ってしまっていましたが、「去年で全て厄払い!今年は清々しく1年のスタートを切れるぞぉ~!!」と心機一転です。

2010年も笑顔の多い、福多い1年になりますように♪♪
どうぞよろしくお願いいたします!


nice!(7)  コメント(6)