So-net無料ブログ作成
検索選択

魂の年齢? [長女]

長女・ももちんを見ていると、たまに「私より人間ができてるかも・・・」と思うことがある。
まだ9歳なので、それはそれなりに子供ではあるけれど。

ももちんがまだ2歳だった頃、そう、7年前のちょうど今頃、私は出張で1カ月アメリカに行かなければいけない時期があった。
独身時代の私ならもう気が狂わんばかりに喜んだはず。
だけど、2歳の子を持つ母としてはただただ「1か月母親がいなくなる事で、この子の心に傷を残さないか・・・」と胃潰瘍になったくらい気をもんだ。
家族や周りのサポートのお陰で、母も子もどうにか乗り越えたあの1カ月。
その間ももちんを間近で見ていた実家の母が一番驚いたことは、私の留守中一度たりと「おかあさんに会いたい」と言って周りを困らすことがなかったももちんの我慢強さであった。
赤ちゃんの頃から毎晩私の手を握って眠るあの子が、「おかあさんはね、たくさん、たくさん、おみやげを買ってくるんだよ。」と言って我慢していたと言う。
ただ、私が帰国する当日は夜の飛行機にも関わらず朝から「むぎゅ~、むぎゅ~、だいすき♪」と歌う曲をエンドレスで何度も何度もCDで聞いていたらしい。
2,3歳の子にはなかなかできない事だと、親の私でさえ関心したと同時にセツナイ気持ちになった。

スピリチュアルな世界では実年齢とは別に「魂の年齢」というのがあるそうで・・・。
信じる信じないは別としても、この子を見ていると「もし、そういうのがあるのなら、絶対に私より年齢は上だなっ。」と反省させられることが多いのは確か。
きーちゃんが駄々をこねて泣きわめいていると、「どうしたの?泣いてばかりじゃ分からないよ。どうしてほしいの?ほら、お姉ちゃんがお馬さんになってあげるから、背中に乗ってごらん。」と声をかける。
私が子供の頃、果たして弟たちにそんな優しい言葉をかけたことがあっただろうか?ないな。絶対。笑

数年前、仕事に行き詰って、気分転換になればと当時流行っていたオーラ占いに行ったことがある。
仕事の事を聞きたかったのに、なぜか私の前世の話を始める占い師さん・・・。
彼女が言うには長女・ももちんは前世からの関係だそうで、私は物書きで、その本に挿絵をしていたのがももちん。
「長女は今世であなたを助けるために、あなたの子として生まれてきていますよ。」の言葉に、不意を突かれたように涙が出てきた。


「我慢強い」とか、「優しい」だけで「魂の年齢が上」だとは言わないけれど、ももちんには「私よりはきっと上だっ。」と感じさせる何かがある。
でも、いくらそう感じるとは言え、やっぱりまだまだ子供だもんね。
甘えたい時もあるし、泣きたい時もあるはず。
なるべく、なるべく、二人だけで話せる機会を作り、二人だけでお出掛してお母さんを独占の楽しい時間を過ごさせる。
この「我慢強い子」の内に秘めた淋しさや辛さを忘れずに目を外さないようにしていきたい・・・。
ちょっと忘れる事も多いおこりんぼうな「魂の年齢」の低い母は肝に銘じなくっちゃね。

で、ゆうゆやきーちゃんにも忘れずそれぞれの個性にあった接し方をしていかないとな~とまたまた「魂の年齢」の低い母は反省しきり。
でも、こうした育児という修行(?)が私の「魂の年齢」を少しだけ上げてくれるのかもしれないね。
だといいなー。^^;
      私がお掃除していると、率先して手伝ってくれるももちん♪ありがとうね~~!!
      momo1.jpg


nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:育児

お泊り保育 [次女]

ゆうゆが楽しみにしていた幼稚園の『お泊り保育』
まだまだ先だと思っていたのに、あっと言う間に9月になってて、あっと言う間にその日が来ちゃった。

ももちんやきーちゃんと一緒に友人宅に親抜きでお泊りした事はあっても、こうして集団の中での『お泊り』は初めて。
こどもにとっては楽しみ半分、不安半分と言ったところだろうね。

この日は遠足も兼ねて郊外の大きな公園へ行き、その後宿泊先となる場所へ。
遠足なので、もちろんお弁当持参。食べた後に破棄できるよう、捨てられるお弁当箱。
   楽しいお泊り保育でありますように・・・❤
   0916-1.jpg

ずーーーっと前からこの日を指折り数えて待っていたゆうゆ。
「あと〇〇回寝たらお泊り保育だよ!!」と毎朝起きてカウントダウンしていたのに、2日前からは
「夜、おもらししないかな・・・」とか、
「森の中へ探検に行くんだけど、迷子になったらどうしよう・・・」とか、
不安一杯のコメント・・・。
「大丈夫!先生に夜起こしておトイレに連れてってくださいって頼んであるから。」
「大丈夫!先生やボランティアの大人がたくさ~~~んいるから、絶対に迷子にならないよ!」

と私も内心ちょっとドキドキしながらも、ゆうゆの不安を一掃しようと声援を送った。

きーちゃんに「ゆうゆ、お泊り保育で幼稚園のお友達と一緒にお泊りするんだよ。」って教えると、やけにしんみりした顔して
「うん。。。ゆう姉ちゃんがいないと、さびしいよ。」って。あら!
仲が良いんだか悪いんだか、いつも一緒にいてケンカばっかりしているのにね。
   お泊り保育当日の朝。
   0916-2.jpg

ももちんもお泊り保育の前夜、言葉にしなければ良いものを
「お姉ちゃんは心配だよ。ゆうゆ、本当に大丈夫かなーーー?」
とゆうゆの前で繰り返し口にしていた。
ここでも私はゆうゆに更なる不安を与えないよう
「だから、大丈夫だって!!!ももだって、お泊り保育大丈夫だったでしょ?楽しかったでしょ?」
と話を楽しい方向へ持って行くのに躍起。汗
はぁ~。母は疲れるぜっ。笑

今朝、なんだかんだ言いながらも、せっせと準備して元気良く登園したゆうゆ♪

 ももちんは、夕方帰宅してから時計を見ては
「今頃ゆうゆ何してるのかな~。キャンプファイアーかな~」とずっと気にかけてくれてた。

たった1泊でも成長して帰ってくるんだろうな♪

明日は私もお仕事を午後からお休みして、お泊り保育から帰って来るゆうゆを幼稚園でお迎えする予定。
その後、2人で美味しいお昼ご飯食べながら、楽しかったお土産話をたくさ~~~~ん聞かせてね!


nice!(17)  コメント(11) 
共通テーマ:育児

バレエ [次女]

ゆうゆがカルチャースクールでバレエを習い始めて早1年3ヶ月。
どのくらい上達したかと言うと・・・うーーーん。答えに困っちゃうんだけど。笑

カルチャースクールのバレエと言うこともあってか、ゆる~く楽しんでいるようなので、本人が納得するまで続けさせようかな~と考えていた矢先、来年の2月に発表会を開催するとの通達。
参加費・衣装代がかかるので、希望者だけを募っての開催らしい。
この先バレエを続けるにしても(これはありえないかもしれないけど・・・)、続けないにしても、せっかく始めた習い事。一度は舞台に立つ経験も良いんじゃないかと、参加させることに。

本人は最初、何のことやらよく分かってない感じだったんだけど合同練習やらパンフレットの写真撮影やらが始まると、さすがにちょっと意識してきた様子。
「超」がつく程恥ずかしがり屋なゆうゆ。誰かがゆうゆを見てたり、話しかけてきたりすると、さっと視線をそらしたり、人の影に隠れたり。
これが一度気を許すと、とことん地を出して、ユニークなキャラ全開しちゃうんだけどねー。
発表会、大丈夫かな・・・と少し心配したものの、これもきっとゆうゆにとって大きな成長になるはず!と信じて。

去った日曜日も朝早くから合同練習。
この日はパンフレット用の撮影があって、かわいいレオタードに白タイツ、お団子頭♪
まだまだお団子にするには髪の毛が短かったんだけど、どうにか、こうにかRinkoマジックであげてよせて。笑

こうして見ると一人前のバレリーナ♪(若干、お笑い系の写真もあるけど・・・笑)
   yu-b1.jpgyu-b2.jpg
   yu-b3.jpgyu-b4.jpg
   yu-b5.jpg

この様子をずっと見ていたきーちゃん。
やっぱり女の子だな~。同じ年頃のかわいい女の子達を見ていると、「自分も!!」って思っちゃうんだよね。
「あぁぁぁーーー!!!だから言ったじゃん!!きーもバレエ習いたかったってーーー!!!」とずっと叫んでいた。
と言うより・・・バレエ習いたいなんて、初耳なんですが・・・。
   しかも、こんな顔してちゃ、バレエなんて教えてもらえないし。笑
   yu-b6.jpg

来年2月、更に成長したゆうゆの姿が楽しみだ~♪


nice!(15)  コメント(11) 
共通テーマ:育児

3年ぶりの台風 [その他]

久しぶりの台風。
直撃するのは3年ぶりらしい。

昔はもっと頻繁に台風襲来があったのに、やっぱり地球温暖化のせい?めっきり少なくなってしまった。

小さい頃は台風が来るたびに停電しちゃって、ロウソクの灯りの下、外を吹き荒れる強風の音をバックミュージックにちょっと怖いながらも、なぜかしら少しワクワクした気持ちで過ごしたのを今でも覚えている。
私の父は気象庁予報官だったので、台風がフィリピン辺りで発生するやいなや、徹夜で何日も職場に詰めていた。なので、必然的に我が家は『台風母子家庭』。
父は世間で台風の「た」の字も出ない内から、厳重に家の内外に台風対策を施して出勤していたっけ。

今では台風も少なくなったのに加え、そうそう停電もしなくなった。大人になった今では、その方が助かるんだけどねー。
でもこの子達、私が小さい頃に感じたあの特別なワクワク感って知らないだろうな~。

今回の台風はいつの間にか発生していつの間にか近づいてて、そしていつの間にか去っていった感じ。
学校も臨時休校になったんだけど、午前中は青空まで見えて「あれ?台風は??」と首を傾げたくなるくらい奇妙な台風だった。
台風の威力がそんなに強くなかったから?暴風域が狭かったの??
最も接近すると言われていた時間になっても、それほど風のゆれも感じず・・・。
沖縄本島の北部の映像は雨・風強かったようだけど・・・。
前夜、強風に備えるために汗だくになって避難させていたベランダの品々をまた元に戻すことにちょっとウンザリしながらも、まぁ、あまり被害もなく済んで良かった。と言うことで。 
あぁ、でもこの際だから、ベランダに出してあった物を処分してしまおう!!!と意気込んでる私。

   ベランダの植木を全て家の中へ避難させるのはムリ。ネットを張って強風対策です。
   typhoon1.jpg
   この青空!!!学校・仕事行けるんじゃないのぉ~??いやいや、台風を甘く見ちゃいけません。
     typhoon2.jpg

でも、この夏いろいろ忙しく、疲れが溜まっていたので良い休息日になったな~♪


nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感