So-net無料ブログ作成
検索選択

心に残る本・2011年 [その他]

今年読んだ本の中で強烈な印象を残した本2冊。


「光の指で触れよ」池澤夏樹著

「すばらしい新世界」池澤夏樹著


どちらも「池澤夏樹」さんの本。
光の指で触れよ (中公文庫)

光の指で触れよ (中公文庫)

  • 作者: 池澤 夏樹
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/01/22
  • メディア: 文庫

すばらしい新世界 (中公文庫)

すばらしい新世界 (中公文庫)

  • 作者: 池澤 夏樹
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫

初めて彼の本を読んだのは、もうかれこれ20年前。
文体といい、出てくる言葉といい、
「あっ、この人絶対に理系だ。」って思ってたの。
大当たり。
彼の作品が好きで結構これまでも読んできた。

 

で、この春何気なく手に取った「光の指で触れよ」。
3.11の震災後だっただけに、
その内容と、偶然にもその本を選んだ自分自身にちょっと動揺した。


風力発電の技術者である夫とその妻。そしてその子供達をめぐる話。


「すばらしい新世界」の続編が「光の指で触れよ」だったようで、
それを知らず、先に続編を読んじゃった。
それでも、強烈だったな。

震災後いろんな事を考えさせられ、
今後どんな生き方をしていくべきなのか模索するような心境だった今年の春。

読み終えた後、この本から大きな宿題をもらった様な感じだった。


人生の折り返し地点にいる私。
これからの私の生き方。
ちょっと立ち止まってみようか・・・
立ち止まってみるべきじゃないか・・・と
考えさせられた。


nice!(13)  コメント(5) 
共通テーマ:

頭時計?! [次女]

ゆうゆがヘンテコな物を学校で作って来た。


先日、「学校の授業で『秋探し』しに行くんだよ~」って言って、
張り切ってビニール袋を持参して行った数日後だった。

どうやら、その『秋探し』で集めた物で作ったらしき工作物が2つ。

1つは「秋の冠」。
HC3.jpg
まぁ、そう言われてみればその枯れた茶色がいい味出して「秋」っぽいかもしれないけど・・・
母はこれ被りたくないなーーー。笑

そして、もう1つ。
「頭時計」(命名byゆうゆ)。
はい。その名の通り「頭に巻く(?)時計」。。。。。。。。。。。

HC2.JPG

「どうやって時間見るの???」って聞いたら、事も無げに
「ん?隣にいる人とかに、『今何時か見て?』って言って、時間を見てもらうの♪」
って。。。。。。。。。。。(--;

すごすぎ。
聞かれたその隣の人、すっごく戸惑うと思うのですが・・・。

「先生も『おかしいぃ~~~』って言ってた。」だって。
そりゃそうだ。それ以外にコメントつけられないし。

すごーーーーく恥ずかしがり屋な面もあるゆうゆなのに、
どうしてこんな発想が出てくるんだろう。笑

やっぱり紙一重な女だっ。


nice!(17)  コメント(12) 
共通テーマ:育児

11歳 [長女]

長女・ももちんが先日11歳になった。


プレゼント何がいい?ってずっと前から聞いているのに、
う~~ん。そんなに欲しいものないや。
って、ホント欲のない子。
ゆうゆは傍から
じゃ、ゆうゆが代わりにもらいた~~い!!!って言ってるし。

なので・・・

今年は父・母それぞれが「これぞ!」と思う物を別々にプレゼントすることに。
父からはドイツ製の水彩色鉛筆。
母からは大好きなリラックマのスピーカー付きクッション(?)、緑色のシリコン製腕時計。
どちらも大喜び♪♪良かった。良かった。
DSC03345.JPG
大好きな石垣のおばあちゃんが運動会の応援とももちんのお誕生日のお祝いに来てくれた事も大きなプレゼントだね。

そして、夏休みに描いた絵が新聞社のコンクールで「優良賞 優秀賞」を頂いたのを知ったのも、
このお誕生日お祝いの最中!
すごいオチ(プレゼント)だっ!笑

もうすぐ私の背を追い越す勢いで、ぐんと体が大きくなってきたけど、
表情にはまだまだあの小さい頃のあどけなさを残すももちん。
DSC03263.JPG
DSC03264.JPG

誕生日当日は、
出産時から赤ちゃんの頃、幼児の頃を思い出して
胸がキュンとなっていた。

またこの1年も元気に笑顔いっぱい過ごせますように。。。


nice!(16)  コメント(9) 
共通テーマ:育児