So-net無料ブログ作成

三女・きーちゃん中学入学♪ [三女]

末っ子の成長は


上の子たちに比べ倍速スピードに感じます。




先週、晴れやかに三女・きーちゃんが


中学校へ入学しました(*‘∀‘)


中学生になったらあれもしてみたい!これもしてみたい!!


好奇心の塊です^m^


*沖縄では新中学1年生は夏服で入学します。
上級生(2,3年生)はまだ冬服のままなので
白い夏の制服姿がより一層 
ピカピカの新一年生を
際立たせているような気がします(*´▽`*)
k_jh4.JPG
入学式では新入生代表挨拶という大役を任されましたが

だいじょ~ぶ v(^O^)vと

いつも通り飄々とした様子。

親の方がドキドキでした(;'∀')

k_jh3.JPG

親の心配をよそに

堂々と挨拶していた姿に成長を感じ

我が家最後の中学生が

また大きな想い出を私たちにプレゼントしてくれた入学式でした。



想い出と言えば

この入学式での校歌斉唱の際

中3になった二女・ゆうゆがピアノ伴奏をしたので

これまたダブルで嬉しい想い出になりました。

k_jh2.JPG

新入生代表挨拶の勢いで(?)

クラスの学級委員長にも選ばれたきーちゃん。

最初で皆に顔と名前を知られてしまったので

肝心の学業成績が悪かったら恥ずかしいと

マイペースなきーちゃんにしては珍しく

せっせと机に向かっています^m^

ある意味、いい効果をもたらしているかもしれません。笑

k_jh7.JPG

中学生というかけがえのない3年間を

一瞬いっしゅん楽しんでいってね!

私もまた「中学生の母」を楽しんでいきます^m^

nice!(40)  コメント(15) 
共通テーマ:育児

母との時間 [ジジ・ババ]

娘たちが小さい頃は


何かある度に最終手段でヘルプをお願いすると


自分のことはさて置き


石垣から飛んできてくれた実家の母。


何度も何度も助けられた。



娘たちが成長し、大きくなるにつれ


最終手段をお願いすることも少なくなったけど


娘たちの節目の時は必ずやって来てくれる。


2019spring4.JPG



今年の3月、4月は


嬉しい節目も ちょっとツライ節目もあったけど


母がいてくれたことで


娘たちも私たち夫婦も


精神的に助けられた数週間だった。




母は朗読の会に入っていて


今回の滞在中、ある方のリクエストで


ひとつの詩を皆の前で披露してくれた。


2019spring2.JPG


樋口了一さんが歌っている


「手紙~親愛なる子供たちへ~」


年老いた私がある日 今までの私と違っていたとしても


どうかそのままの私のことを理解して欲しい



私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても


あなたに色なことを教えたように見守って欲しい



あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても


その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい






あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように


私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい



あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと


あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい


私の子供たちへ 愛する子供たちへ





こんな内容だとは知らず聞いていた娘たちと私。


この朗読が始まった途端


涙が止まらなくなってしまった。



いつか来るであろうその日を想像しながらも


どうかいつまでもその日が来ませんようにと


皆願いながら母の朗読を聞いていたはず。




私にとっては母との


そして娘たちにとっては大好きなおばあちゃんとの


大切な大きな想い出がまたひとつ増えた気がした。




いつも いつも ありがとうね。


来年の春は嬉しいこといっぱいで呼ぶからね~!!


楽しみにしてて~!


いつまでもにこやかで元気でいてね。








タグ:朗読
nice!(37)  コメント(10) 
共通テーマ:育児